顔に塗るものには要注意

高校生のときに、学園祭の演劇で初めてドーランを塗ってお芝居をした次の日、顔中がニキビだらけになってショックを受けたことがあります。 ドーランがかなり肌に刺激を与えたみたいです。 私はそれまでニキビに悩まされることがなかったので、ニキビだらけになったときは、 どうしたらいいのかわからず、すごく悩みました。白猫プロジェクト

結局その時は洗顔をこまめにすることと、ニキビ用の化粧水で治りましたが、 一度ニキビがでてしまったからなのか、その後もたまにニキビが出来るようになりました。 ドーランがきっかけで始まったニキビなので、今はあまり悩まされることは無くなりましたが、 顔に塗るものだけには、今でも十分気をつけています。

ファンデーションは特に気を遣っていて、できるだけ刺激の少ないものを使っています。 塗らないのが一番いいとは思うのですが、どうしてもそうはいかないですよね。 あと、化粧は家に帰れば、即落とすようにしています。

ニキビができないようにするには、顔の皮膚にはできるだけ負担をかけないが一番だと思っています。

20歳過ぎたら吹き出物

10代の頃からずっとニキビに悩まされていて、目立つ箇所にできると、直るまで憂鬱でした。 食事はあまり脂っこいものを採らないようにしていました。ダイエットにもなるし、一石二鳥で良かったのですが、ストレスを感じると、すぐにニキビがでてしまいました。 ニキビも、20歳過ぎたら吹き出物と言われていますが、吹き出物という呼び方はやはり嫌です。

なので、クレンジングにも気を使うようにしました。 それまで、ドラッグストアで安い洗顔を買っていたのですが、思い切ってメーカーのニキビ対策セットを購入。

洗顔だけでなく、化粧水やクリームも除菌を目的に作られており、値段は少し高かったのですがしばらく使用しました。 すると、段々とニキビが出来にくくなり、20代の半ばにはほとんどなくなりました。今では普通の洗顔に戻しましたが、大丈夫です。

今も、ニキビケアの洗顔CMを見ると当時のことを思い出します。ちなみに、大人にきびを潰した痕は今でも少し残っています。もっと、ちゃんとしておけば良かったと後悔。大人にきび